060210_1024.jpg

沈みゆく夕日にレンズを見つめていたら、ひゅっと鳶が姿を現しました。