131210_1024_01.jpg

12月7日、仲良くさせてもらっている友人Yちゃんのご実家 静岡県沼津へ、
お父さんの持っている窯見学と陶芸体験に行ってきました。


以前よりずっとほしい色の鉢のイメージがあって、どこにも売っていないので、
すぐにはできないにしても、すこしずつ鉢作りを練習してみたいなぁと思っていました。

色々と友人知人に聞きながら、希望の感じで陶芸ができるところを探していた所、
友人のYちゃんのご実家(静岡県沼津)で、お父さんが自分の窯を持っていると聞き、
すぐさま訪問させて頂くことに決め、やっと沼津へご訪問させて頂くことができました。

131210_1024_10.jpg

当日は出だしの練習なので、思い通りにできないのはわかっているものの、
夢中になりすぎて、ヘタなりに7個の鉢を作ってきました。
お父さん、素人相手にご指導ありがとうございます(汗)

131210_1024_08.jpg

一緒に伺った妻は優雅にブローチなんか作っていました(笑)

ひととおり陶芸体験でモノを作った後、お昼ごはんにお寿司をご馳走に!
(あまりにも美味しかったお寿司、写真を一枚も撮ってません...)

その後14時頃から、お父さんが作られた窯を見に、実家から20分程の山奥へ車で向かいます。

131210_1024_02.jpg

※車運転中の写真は妻にお願い。

茶畑を抜けて、山に向かいます。

131210_03.jpg

ガンガン進むお父さんの軽トラ。
すごいスピードで進むんですが、5分、10分、15分と進むにつれ、
めちゃめちゃコワイ獣道。写真なんか優雅に撮っている場合じゃありません(汗)
ジムニーを購入後、こんなところでサスペンションの威力を体験するとは思いませんでした...。

131210_1024_03.jpg

ふぅ、20分くらい走って、やっと抜けました。きれいな景色。

131210_1024_04.jpg

お父さんの窯の母屋のデッキから見える海。とても綺麗です。

131210_1024_05.jpg

釜の周りに積まれた様々な種類の木から集めた薪の数々。

131210_1024_06.jpg

中にもどっさり。

131210_1024_07.jpg

せっかくなので、妻も薪割りをさせてもらいました。

131210_1024_01.jpg

薪窯は、お父さんが自ら作られたそうで、その迫力は圧巻でした。

約100個ほど器が入る釜に、ご本人と知人の作品を入れ、約80時間以上焼き続けるため、
12月の末に順番に集まって、薪係を担当しあうそうです。

コンビニも電気もない山奥の釜で、ひとり薪をくべながら過ごす真夜中は、
とても神秘的なんでしょうねぇ(と人事ですが、僕も手伝うのかも)

131210_1024_11.jpg

帰り道に、お父さんがきれいな景色の見える丘に連れて行ってくれました。

とってもよい週末を過ごせて感謝です。